大分県の製造業

スポンサーリンク

概要

 大分県の製造品出荷額(従業者4人以上の事業所)は、2010年には40,791億円で、全国24位である。2000年代前半より上昇していたが、リーマンショックにより減少し、2010年に再び回復している。
 増加率を全国と比較すると、2000年代を通じておおよそ全国よりも高率になったが、おおよそ全国と同様の傾向が見られる。

大分県の製造品出荷額等

大分県の製造品出荷額等

大分県の製造品出荷額等(増加率)

大分県の製造品出荷額等(増加率)


伝統工芸(国指定)

別府竹細工(竹工品)


大分県の重要産業

概要

 平成24年の工業統計(細分類)の従業者数を用いて、大分県における重要な製造業(上位20位)を抽出した。
 なお、詳細・抽出方法については、次を参考のこと。

地域にとって重要な産業の抽出方法

 大分県において特徴的な産業である「産業特性」と、日本全国で見た場合にその産業の規模が大きいかどうかという「産業規模」の2軸で評価し、偏差値を用いて、重要な産業を抽出している。


上位20位

順位 産業 産業特性 産業規模 産業パターン
1位 デジタルカメラ製造業 106.9 51.6
優位産業
2位 竹・とう・きりゅう等容器製造業 104.7 45.7
ニッチ産業
3位 集積回路製造業 79.6 68.5
優位産業
4位 自動車製造業(二輪自動車を含む) 49.1 98.5
競争産業
5位 銅第1次製錬・精製業 96.5 46.1
ニッチ産業
6位 医療用品製造業(動物用医療機械器具を含む) 87.1 48.2
ニッチ産業
7位 その他の事務用機械器具製造業 76.1 50.8
優位産業
8位 農薬製造業 77.2 47.1
ニッチ産業
9位 他に分類されない食料品製造業 45.3 75.0
競争産業
10位 輸送機械器具用プラスチック製品製造業(加工業を除く) 49.2 70.9
競争産業
11位 その他の石油製品・石炭製品製造業 69.8 46.4
ニッチ産業
12位 高炉による製鉄業 58.9 56.9
優位産業
13位 蒸留酒・混成酒製造業 66.4 49.1
ニッチ産業
14位 他に分類されないゴム製品製造業 66.3 47.2
ニッチ産業
15位 舟艇製造・修理業 66.8 46.5
ニッチ産業
16位 一般製材業 57.3 55.4
優位産業
17位 綿紡績業 64.9 46.2
ニッチ産業
18位 火薬類製造業 64.9 46.2
ニッチ産業
19位 石灰製造業 64.1 46.9
ニッチ産業
20位 衛生陶器製造業 63.7 47.1
ニッチ産業


他の都道府県については「都道府県別分析」の製造業を参照のこと。

コメント