地域経済においては、規制を緩和するより、規制を強化することを考える

スポンサーリンク

 経済活性化のためには、規制緩和が必要だと言われいている。そして、「規制緩和といわれるけれど、改めて規制について考える」で規制について、規制緩和の在り方について述べた。
 しかし、地域経済にとって重要なのは、規制を強化するというシナリオだ。特に、産業保護という観点で規制をかけ、その地域の産業の育成を図るという施策である。
 「日本は先進国だけど、地方は後進国である。」でも述べたように、地域経済は後進性を有している。そして、後進国の産業発展の手法として、オーソドックスなものの1つが規制である。幼稚産業保護論とも言われるもので、育成したい産業に対して、海外から輸入に制限をかけるなどの規制を行う。そして、競争にさらされるのを避け、その産業に力をつけさせるというものだ。

 勿論、規制をかけるとレント(超過利潤)が生じるし、場に歪みを生じさせる。しかし、地方は後進国である以上、新たな経済発展のためには、規制の強化を検討することも重要だ。

参考レント


コメント