PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

スポンサーリンク

概要

 PPMプロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)とは、ボストン・コンサルティング・グループが開発した経営理論です。
 この理論では、自社の事業について、場占有率と場成長率の2つの軸で事業の位置づけを捉え、経営資源の配分を考えることが重要であるとされます。

PPM

 具体的には、自社のある事業について、どれだけその市場で相対的にシェアを有しているかという「市場占有率」と、その事業が属する市場が今後どれだけ成長が見込まれるかという「市場成長率」を考えます。

 そして、大きく分けて4つのパターンで、その事業に対する経営資源の配分の在り方を考えます。

市場占有率
低い 高い
市場成長率
問題児
花形

負け犬
金のなる木

問題児(左上)

 問題児は、ライフサイクルでいえば、導入期に属し、市場成長率は高いが、市場占有率が低い事業です。

 市場成長率が高いので、うまくシェアを拡大し、市場占有率を高めることができれば「花形」となりますが、シェアが拡大できないままでは、次第に市場成長率は下がるため、「負け犬」になってしまいます。
 そのため、自社の能力・競合相手などを考慮し、シェアが拡大できるかを見据え、投資を行うことが必要となります。

花形(右上)

 花形は、ライフサイクルでいえば、成長期に属し、市場成長率・市場占有率ともに高い事業です。

 市場成長率が高いがその後は、成長率は低下し、「金のなる木」になります。
 ただ、市場成長率も大きいので、そのための投資なども必要であり、高い市場占有率を維持するためにも多く資金が必要となります。
 この意味で、市場成長率・市場占有率ともに高いので良いと思うかもしれませんが、あまり利益を生まない領域です。

金のなる木(右下)

 金のなる木は、ライフサイクルでいえば、成熟期に属し、市場成長率は低いが、市場占有率は高い事業です。

 市場成長率は低いものの、花形のように資金流出は少なく、大きなシェアを有しているので、最も利益が生まれる領域です。
 この金のなる木にある事業から利益を得て、問題児や花形に属するような事業に投資を行うことが重要です。

負け犬(左下)

 負け犬は、ライフサイクルでいえば、衰退期に属し、市場成長率・市場占有率ともに低い事業です。

 今後の市場成長も見込めず、市場占有率も低いので、資金が流出するような状態にあり、この事業からは撤退したほうがよいとされます。

一覧

 以上をまとめると、次のような形になります。

問題児 花形 金のなる木 負け犬
市場成長率 高い 高い 低い 低い
市場占有率 低い 高い 高い 低い
ライフサイクル 導入期 成長期 成熟期 衰退期
資金流入 少ない 大きい 大きい 少ない
資金流出 大きい 大きい 少ない 少ない
利益 赤字 あまりない 黒字 赤字
方向性 事業の選別 シェアの維持
・アップ
問題児・花形への
投資
撤退

コメント