地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

漁業就業者


漁業就業者

 漁業就業動向調査において、漁業就業者とは「満15歳以上で過去1年間に漁業の海上作業に年間30日以上従事した者」とされている。


漁業就業者の種類

 農家において、専業農家・兼業農家といった種類があるように、漁業においても漁業就業動向調査で、個人経営体について次のような区分がなされている。


専業 個人経営体(世帯)として、過去1年間の収入が自営漁業からのみであった場合をいう。
兼業 第1種兼業 個人経営体(世帯)として、過去1年間の収入が自営漁業以外の仕事からもあり、かつ、自営漁業からの収入が自営漁業以外の仕事からの収入の合計よりも大きかった場合をいう。
第2種兼業 個人経営体(世帯)として、過去1年間の収入が自営漁業以外の仕事からもあり、かつ、自営漁業以外の仕事からの収入の合計が自営漁業からの収入よりも大きかった場合をいう。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)