税効果会計

スポンサーリンク

 税効果会計とは、企業会計と税務会計の相違を修正する会計手法である。
 税務上、費用(損金)として認められるものは限られる。例えば、減価償却費などは、法定耐用年数が決まっており、それ以上の減価償却は認めらえていない。
 そこで、企業会計に従い、損益を計算し、税効果会計を適用して、法人税等を調整して、当期純利益を算出する。

 ただ、中小企業においては、税務会計をそのまま使用して財務諸表を作成していることも多く、企業会計=財務会計となっていることも多い。
 また、「税効果」という言葉から、節税などを想起するかもしれないが、あくまでも会計上の手続きであり、節税効果などはない。

コメント