プラザ合意

スポンサーリンク

 プラザ合意とは、1985年9月22日にG5(日本、アメリカ、西ドイツ、フランス、イギリス)で発表された為替介入に関する声明のことである。
 具体的には、アメリカが経常収支赤字を抱える中、ドル高基調となっており、各国がドル安に向けて協調を行おうとしたものである。
 日本では、公定歩合の引き下げなどが行われ、1ドル237円台だった為替レートが2年半後には1ドル120円台となり、急激な円高ドル安となった。

 この結果、日本経済は、1980年代後半には輸出産業がダメージを受け、円高不況となるとともに、公定歩合引き下げによる低金利の影響から、その後のバブル経済へと向かっていくことになる。

コメント