骨材

スポンサーリンク

概要

 骨材とは、コンクリートをつくるときの砂・砂利などの材料のことである。

 骨材は、粒の大きさで、粗骨材と細骨材に分けられる。

粗骨材 5mm以上のものが重量で85%以上含まれるもの
細骨材 5mm以下のものが重量で85%以上含まれるもの


骨材の種類

天然骨材 川砂・川砂利 川床やダム湖底から採掘したもの。
骨材としてはいいが、乱掘などで採取が規制されている。
山砂・山砂利 砂が多い山を削って採掘したもの。
微量の分・鉱物・粘土質などを含んだりしている。
陸砂・陸砂利 旧河川敷から砂礫層から採掘したもの。
海砂 海底から採掘したもの。
川砂などに比べ密度は小さいが、分を含むので、洗浄され使用される。
浜砂 海岸近くから採掘したもの。
環境保護などの観点から、現在、日本では使われていない。
人工骨材 高炉スラグ細骨材 溶融状態の高炉スラグを急冷して砂粒状にしたもの
高炉スラグ粗骨材 溶融状態の高炉スラグを徐冷して所定の粒は砕破したもの
人工軽量骨材 膨張頁岩やフライアッシュなどを高温焼成して作るもの
再生骨材 コンクリート廃材から取り出した骨材


参考

明石雄一『コンクリートの科学 (おもしろサイエンス)

コメント