規模の経済

スポンサーリンク

 規模の経済とは、企業が生産量を増やすほど、その平均費用が減少していく現象です。
 重工業などにおいては、大きな設備投資が必要で、固定費用が非常にかかるため、生産量が大きいほど、平均費用は減少します。

 このような産業においては、参入障壁が生じ、不完全競争が生じやすくなります。

コメント