地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

Jリーグがあると、スポーツ観覧が増える?


都道府県別のスポーツ観覧料

 統計局の家計調査では、様々な品目について、都道府県(厳密には県庁所在市)ごとの支出額が分かる。有名なところでは、陥落したが宇都宮市は餃子消費量が日本一だというのは、このデータを元にしている。

 そしてこの調査の中に、「スポーツ観覧料」というものがある。1世帯当たり、1年間にどれだけ野球・サッカーなどのスポーツ観覧に支払ったかというものである。
 平成25年の上位5位は、次のとおりである。

  1位 … 大分県  1,450円
  2位 … 埼玉県  1,226円
  3位 … 宮城県  1,153円
  4位 … 広島県  1,111円
  5位 … 鹿児島県 1,062円

 5位の鹿児島県を除けば、いずれもプロ野球球団のホームグラウンドがあったり、Jリーグチームがあるところが、ランキングしている。
 直観的には、このようなプロチームがあれば、地元のファンが生まれ、スポーツの観覧料支出が増えるのは、当然といえよう。ただこれが本当なのか、簡単に統計学的に調べてみた。


プロ野球は×、Jリーグは〇

 調べ方といえば、0・1のダミー変数を用いて、回帰分析を行った。
 具体的には、次のような方程式において、a、b、cを推計する。

  支出額 = a ×(プロ野球球団:あり=1、なし=0)+ b × (Jリーグチーム:あり=1、なし=0) + c

 この推計結果は、次のとおりである(決定係数は0.41)。

係数 t値
プロ野球球団 72.7 0.70
Jリーグ 418.1 4.33
定数 330.1 7.17


 これは、プロ野球球団があれば72.7円、Jリーグがあれば418.1円、スポーツ観覧料が増えることを意味する。このことから、スポーツ観覧料ということでは、Jリーグのほうが効果が大きい。

 また、t値とは、絶対値で値が大きいほどよく、値が小さいと係数が実際は0である可能性が生じる。そして統計学的には、ざっくり言えば2以上程度あればよく、逆に2よりも小されければ、その係数の値は意味がないとされる。

 表より、Jリーグでは4.33で2よりも大きく意味がある値となっているが、プロ野球では0.70しかないので、プロ野球の有無はスポーツ観覧料とは関係がないという結果になっている(なお、統計学的に厳密に言えば、Jリーグは1%、5%でも有意)。

 このことから、スポーツ観覧料の支出額に関して、Jリーグチームがあることはプラスに働くが、プロ野球球団のホームグラウンドがあることは、その都道府県にとって関係がないといえる。


ただJリーグがあればいいというわけではない

 ただJリーグといっても、J1とJ2がある。J2の場合には、観客数が少なく、経営的にも厳しいところも多いので、J1とJ2を同列に扱うことは難しい面もある。
 そこで、上記の方程式において、JリーグをJ1とJ2に分割して、計算を行ってみた(決定係数は0.42)。

係数 t値
プロ野球球団 107.9 0.98
J1 390.9 3.90
J2 -80.6 -1.00
定数 366.0 6.27


 プロ野球球団とJ1を見た場合には、上記の結果と同様に、係数はJ1のほうが大きく、プロ野球ではt値が小さいので、意味のない数値となっている。

 ここで注目すべきは、J2である。J2においては、係数はマイナスとなっており、t値も絶対値では1なので、係数は0の可能性が生じる。
 J2においては、ホームチームがその都道府県にあろうがなかろうがスポーツ観覧には影響がない。仮に、影響があったとしても(t値が大きくても)、係数はマイナスであり、負の効果となってしまう。


まとめ

 以上から、スポーツといえば、野球・サッカーだけではないが、プロ野球球団は、あまりその地域のスポーツ観覧料支出額への影響は見られず、Jリーグのホームチームがあることが重要となることが分かる。
 しかも、Jリーグチームであっても、J2では駄目で、J1であると、スポーツ観覧料支出額へ影響をもたらすことができることが見て取れる。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)