経済学

スポンサーリンク
用語

ペティ=クラークの法則

 ペティ=クラークの法則(Petty-Clark's law)とは、経済が豊かになるほど、第1次産業から第2次産業へ、第2次産業から第3次産業へと、産業の中心が移行するという法則です。  1690年に『政治算術』でペティにより指摘され...
用語

規模の経済

 規模の経済とは、企業が生産量を増やすほど、その平均費用が減少していく現象です。  重工業などにおいては、大きな設備投資が必要で、固定費用が非常にかかるため、生産量が大きいほど、平均費用は減少します。  このような産業においては、参...
用語

規模効果

 経済学者・ジョーンズが呼んだもので、人口規模が大きくなると、その分、研究者などの人数も増え、技術進歩が進み、経済成長にプラスの効果を与えるというものです(規模の経済とは異なる)。  直観的には、理解しやすい考えですが、実証研究におい...
用語

主成分分析

概要  主成分分析とは、いくつかの変数から、総合的な指標を求める統計手法です。  例えば、身長と体重のデータがあるとき、(データによるが)体が大きい指標などを求めることができます。 考え方  いくつかのデータがあるとき、それらを...
用語

外部効果

 外部効果とは、ある経済主体の活動が、他の経済主体に影響を与えることです。  例えば、ある道路が出来て、周辺の地価が上昇するといった場合や、川の上流にある工場が排水を流し、下流の工場がマイナスの影響を受けるといった場合です。  ...
用語

クリティカル・マス

製品・サービスの普及に当たって重要な考えであるクリティカル・マスについて、解説しています。
用語

産業連関表

概要  産業連関表とは、ある経済の産業間の取引を明らかにしたもので、経済効果などを分析する際に使われている統計です。  例えば、建設業と小売業を考えると、建設業は業務を営むに当たり、建設資材などを小売業から購入します。他方、小売業は...
用語

乗数効果

概要  乗数効果とは、ある支出が行われたとき、その支出が様々な経済主体に回り、その支出以上に経済全体が拡大するという効果のことです。  乗数効果自体は、投資や貨幣などについても見られる現象ですが、乗数効果といった場合、一般的には財政支出...
用語

シニョレッジ

 シニョレッジ(signoredge)とは、シニョリッジとも言われ、政府が通貨・紙幣を発行することで得た利益のことです。  政府は、このシニョレッジを用いて、税収以外でも、財政支出を行うことができます。反面、通貨供給量が増えるため、イ...
用語

県民経済計算

都道府県の経済活動を知る上で非常に重要な県民経済計算について、説明しています。
スポンサーリンク