地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

新聞の種類


 新聞といっても、全国から地方など様々なものがある。
 これを整理したものが、次表である。

全国 読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、日本経済新聞など、販売地域として全国的に展開している新聞である。
ブロック紙 全国的には展開していないが、販売地域として複数の県に跨っている新聞である。あくまでも地方紙ではあるが、中日新聞(東京でいえば、東京新聞)などのように、中京圏では非常に強い新聞もある。
県紙 基本的に、一つの都道府県を販売地域として対象とした新聞である。ただし、ブロック紙のように複数県とまではいかないが、隣県などに展開しているものも多い。
地域紙 県紙よりも更に細分化された新聞で、一つの市町村や複数の市町村を販売地域として対象とする新聞である。
その他 スポーツ紙やネット新聞などがある(しかし、この記事では対象外とする)。


 ここで、一般的に地方紙として言われるのが、ブロック紙・県紙・地域紙である。そしてこの地方紙が、地方では、新聞というメディアにおいては、その地域の人々には読まれ、重要な役割を担っている。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)