鳥取県の製造業

スポンサーリンク

概要

 鳥取県の製造品出荷額(従業者4人以上の事業所)は、2010年には8,428億円で、全国45位である。2000年代を通じておおよそ11,000億円であったが、リーマンショックにより減少し8000億円台になっている。
 増加率を全国と比較すると、2000年代を通じて、全国よりも低率であるが、おおよそ全国と同様の傾向が見られる。

鳥取県の製造品出荷額等

鳥取県の製造品出荷額等

鳥取県の製造品出荷額等(増加率)

鳥取県の製造品出荷額等(増加率)


伝統工芸(国指定)

弓浜絣(織物)、因州和紙和紙)、出雲石燈ろう(石工品・貴石細工)


鳥取県の重要産業

概要

 平成24年の工業統計(細分類)の従業者数を用いて、鳥取県における重要な製造業(上位20位)を抽出した。
 なお、詳細・抽出方法については、次を参考のこと。

地域にとって重要な産業の抽出方法

 鳥取県において特徴的な産業である「産業特性」と、日本全国で見た場合にその産業の規模が大きいかどうかという「産業規模」の2軸で評価し、偏差値を用いて、重要な産業を抽出している。


上位20位

順位 産業 産業特性 産業規模 産業パターン
1位 その他の電子部品・デバイス・電子回路製造業 45.9 76.6
競争産業
2位 一次電池(乾電池、湿電池)製造業 72.1 46.5
ニッチ産業
3位 コネクタ・スイッチ・リレー製造業 63.0 54.6
優位産業
4位 内燃機関電装品製造業 48.6 67.7
競争産業
5位 補整着製造業 69.2 46.9
ニッチ産業
6位 織物製成人男子・少年服製造業(不織製及びレース製を含む) 64.9 50.5
優位産業
7位 生菓子製造業 43.1 72.3
競争産業
8位 織物製シャツ製造業(不織製及びレース製を含み、下着を除く) 64.0 47.2
ニッチ産業
9位 電子回路実装基板製造業 52.8 56.2
優位産業
10位 液晶パネル・フラットパネル製造業 54.2 52.8
優位産業
11位 ・機械すき和紙製造業 53.9 53.0
優位産業
12位 冷凍水産食品製造業 53.5 51.8
優位産業
13位 ニット製アウターシャツ類製造業 55.9 49.2
ニッチ産業
14位 肉加工品製造業 49.7 55.4
競争産業
15位 その他の畜産食料品製造業 47.4 57.5
競争産業
16位 無線通信機械器具製造業 47.9 56.6
競争産業
17位 処理牛乳・乳飲料製造業 52.6 51.3
優位産業
18位 事務用・学用製品製造業 53.4 48.5
ニッチ産業
19位 電力開閉装置製造業 48.3 53.4
競争産業
20位 鍛工品製造業 51.7 49.9
ニッチ産業


他の都道府県については「都道府県別分析」の製造業を参照のこと。

コメント