企業勃興

スポンサーリンク

概要

 企業勃興とは、明治時代の1880年代後半と1890年代後半に、多くの企業の設立が相次いだ現象を指す。
 今でいえば、ベンチャーブームというのが、相応しい現象である。
 商人・地主層の資産形成、金融システムの整備、賃労働者層の形成を背景に、起こったとされている。


第1次企業勃興

 1887年~1889年に起こった企業勃興で、鉄道・紡績業を中心としている。

 鉄道業は、従来、官営で敷設が行われていたが、財政制約もあり、民間企業による鉄道建設も許可されるになり、1881年に日本鉄道が設立。この日本鉄道の成功、株式ブームから、山陽鉄道・九州鉄道・関西鉄道などがこの企業勃興間に設立されることになる(第一次鉄道ブーム)。

 紡績業は、幕末期・明治期初頭から機械紡績による近代化が進められていたが、経営不振などが続いていた。しかし、1882年に渋沢栄一などにより大阪紡績所が設立され、近代紡績工場として成功する。この成功に触発され、この企業勃興期に、関西を中心に、三重紡績、天満紡績、尾張紡績、鐘紡紡績などが相次いで設立される。

 この他、製鉄、セメント、電灯、ビール、精糖、製などの分野でも近代的大企業が設立される。


第2次企業勃興

 日清戦争後の1895年~1896年に起こった企業勃興である。
 地方短距離鉄道を中心とした第二次鉄道ブーム、紡績、銀行の新設を中心としたものである。

 鉄道業については、第1次企業勃興などから幹線鉄道の敷設は終わり、成長は鈍化していたが、地方の短距離の私設鉄道を中心に鉄道ブームが起こる。

 紡績業は、第1次企業勃興期から生産は増加し続け、1890年には綿糸の国内生産が輸入を上回り、1897年には輸出が輸入を上回るなど、当時の日本においては、成長産業であり、第2次企業勃興においても、企業勃興が起こる。

 銀行業は、1870年代の国立銀行条例により、多くの国立銀行(「国立」という名称だが、国の認可により設立された民間の銀行)が設立されていたが、この第2次企業勃興においては、地域の資産家・名望家による小規模銀行の設立が相次ぐ。

 この他、電力、造船、石炭など重工業関連企業も多く設立されている。


参考

杉山伸也『日本経済史 近世‐現代

寺西重郎『日本の経済システム

コメント