クリティカル・マス

スポンサーリンク

製品・サービスの普及に当たって重要な考えであるクリティカル・マスについて、解説しています。

概要

 クリティカル・マス(Critical Mass)とは、ある製品・サービスの普及において、臨界的な普及率に達しないと、その製品・サービスは普及しないという分岐的な普及率のことです。

 ロジャースによって提唱された概念とされますが、ロールフズはネットワーク外部性が存在すると、需要曲線が放物線形になり、均衡が複数存在することを示しています。

クリティカル・マス

 普及率と購入による増加効用を考えます。

 普及率が高まるほど、購入者の増加効用が減少すると仮定すると、下図のような効用曲線を描くことができます。
 (例えば、普及率をn、増加効用を普及率の減少関数である1-nとすれば、購入によって得られる効用はn(1-n)となり、2字曲線となります)


クリティカル・マス

クリティカル・マス


 このとき、料金よりも効用曲線が上にあるような普及率では購入が行われますが、図にあるように、普及率が低い場合と高い場合には購入が行われないことが分かります。

 普及率が低いときには、購入することによる増加効用が大きいが、普及率が低くて購入するインセンティブがなく、逆に普及率が高いときには、購入することによる増加効用は低くなってしまい、購入が行われないことになります。

 特に、普及率が低い場合には、その製品・サービスの普及は進まなくなるので、クリティカル・マスを超えるような何らかの対策が必要となります。

参考

柳川隆・川濵昇編『競争の戦略と政策 (有斐閣ブックス)

コメント