裏負担

スポンサーリンク

概要

 財政上、裏負担という言葉がある。
 一見「裏」というと何かいかがわしい隠語のようにも感じられるが、そのような意味合いはない。

 これは、ある事業に補助金や交付金などが充てられている場合に、補助金や交付金以外の自己資金部分のことである。

 例えば、国から補助金があった場合、その補助率が60%とする。これは、総事業費のうち、60%だけ補助金が支出されることを意味する。

 そして、補助金以外は自己負担になるわけだが、この残り40%が裏負担となる。


裏負担

 なお、国から自治体への補助金や交付金については、過疎法のように制度によっては、この裏負担に対して、交付税措置などが行われ、更に自治体の負担が減る場合がある。

コメント