伝統工芸

スポンサーリンク

 伝統工芸といえば、漆器や焼き物などを思い起こすことが多いだろう。そして何となく、昔からある手作業で作られた工芸品を伝統工芸と呼んでいるような気がする。
 しかし正式には「伝統的工芸品」といわれるもので、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」(略称:伝産法)といわれる法律で規定されている。

【伝産法】
第二条  経済産業大臣は、産業構造審議会の意見を聴いて、工芸品であつて次の各号に掲げる要件に該当するものを伝統的工芸品として指定するものとする。
 一  主として日常生活の用に供されるものであること。
 二  その製造過程の主要部分が手工業的であること。
 三  伝統的な技術又は技法により製造されるものであること。
 四  伝統的に使用されてきた原材料が主たる原材料として用いられ、製造されるものであること。
 五  一定の地域において少なくない数の者がその製造を行い、又はその製造に従事しているものであること。
2  前項の規定による伝統的工芸品の指定は、当該伝統的工芸品の製造に係る伝統的な技術又は技法及び伝統的に使用されてきた原材料並びに当該伝統的工芸品の製造される地域を定めて、行うものとする。

 つまり、正式には上記のような要件を満たした国が指定したものが伝統工芸品である。

 上記の方にもあるように、随時、産業構造審議会の商務流通情報分科会「伝統的工芸品指定小委員会」で指定が行われている。

 またこれ以外にも、都道府県によっては、独自の基準を設けて、都道府県指定の伝統工芸品を定めている場合もある。

コメント