地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

クラスター分析


 クラスター分析は多変量解析の一種で、与えられたデータについて似たものを集めて、集落(クラスター)として分類する統計手法である。
 下図のように、樹形図(デンドログラム)で表現される。何段階もの分岐点があり、その分岐により、一つのまとまり(クラスター)として分類する。下図でいうと、丸で囲んだデータがそれぞれ一つのクラスターであり、似たものとして分類される。

(イメージ)


クラスター分析イメージ

 なお、各データの類似度についてはユークリッド平方距離、標準化ユークリッド距離、マハラノビスの距離、ミンコフスキー距離などがあり、樹形図を作成する際には最短距離法、最長距離法、群平均法、重心法、メジアン法、ウォード法などがある。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)