地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

移出基盤モデル


概要

 移出基盤モデルは、地域経済学における分析モデルの1つである。
 地域経済について、地域外へ財・サービスを移出する移出産業(基盤産業)と、移出産業の地域内需要や地域内の需要に応じる域内産業(非基盤産業)に分けて、分析を行う。特に、このモデルでは、移出産業の成長が地域経済の成長をもたらすとされている。
 また、需要に応じて経済が成長するとする「需要主導型モデル」の1つでもある。


モデル

 就業者数について、移出基盤モデルを考える。
 地域の総就業者数をT、基盤産業就業者数をB、非基盤産業就業者数をNとすると、次式が成り立つ。

  T=B+N

 ここで、非基盤就業者数は、その地域の総就業者数に比例すると仮定し、N=aTとする。これを上記の式に代入し、変形すると、次のようになる。

  T=(1/(1-a))B

 この式から分かるように、基盤産業就業者数Bが大きくなるほど、総就業者数Tは大きくなり、地域経済は発展する。1/(1-a)は、基盤産業乗数と呼ばれるもので、この乗数が大きいほど、基盤産業の成長が、地域経済の成長をもたらす。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)