地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

相関係数


 相関係数とは、2つの変数の類似度を表す指標である。

 変数x、yがあるとき、次のような数式で表現され、相関係数は、-1から1の間の値をとる。

   \displaystyle \frac{\displaystyle \sum_{i=0}^{n} (x_i-\overline{x})(y_i-\overline{y})}{\displaystyle \sqrt{(x_i-\overline{x})^2} \sqrt{(y_i-\overline{y})^2}}

 1に近いほど正の相関があり、xとyは同様の傾向を示し、逆に-1に近いほど負の相関があり、xとyは反対の傾向を示す。また、0に近いほど、相関がないと考えられる。

 例えば、身長と体重に関して、相関係数は0.8であったとしよう。1に近いため、正の相関があると考えられる。
 すなわち、身長が高い人ほど体重は重いという傾向(逆に言えば、体重が重い人ほど身長が高いという傾向)が見られるということである。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)