地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

イノベーションのジレンマ


 経営学者クリステンセンが提唱した経営理論である。
 市場を確保している既存の巨大企業は、従来品の改良・イノベーションに力を注ぐ。その間に、技術レベルは劣るが新製品を投入した新興企業が出てきて、巨大企業はその地位を奪われてしまうという現象である。

  クリステンセンは、かつて大型コンピューターでチャンピオンだったIBMが、技術レベルの劣るミニコンの登場で、コンピューター市場でのチャンピオンの地位を奪われた例などを示している。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)