スポンサーリンク

概要

 とは、ツバキ科ツバキ属の常緑樹・チャの茎や葉を元に作られる嗜好飲料である。
 大きく分けると、緑に向いている中国種と、紅に向いているアッサム種がある。


茶の種類

製法による分類

 より一般的な方法として、製法により分類される。
 どの程度、お茶を発酵させるかで、不発酵茶(緑茶)、半発酵茶、発酵茶に分けられる。更に、不発酵茶は蒸すか炒るかで大別される。

発酵 製法 種類 概要
不発酵茶 蒸し製 煎茶、深蒸し煎茶 日本で最も一般的なお茶
番茶 日本で主流から外れた番外のお茶
ほうじ茶 番茶や煎茶を炒って香ばしい香りを出したお茶
玄米茶 番茶や煎茶に炒った米などを加えたお茶
玉露・かぶせ茶 日宏を遮って栽培し、うま味を増させたお茶
抹茶・てん茶 蒸して葉脈を取り除き乾燥させたもの(てん茶)を粉にしたもの
玉緑茶 丸まった形状の茶葉で、さっぱりとした味のお茶
釜炒り製 玉緑茶 鉄製の釜で炒って作られたお茶
半発酵茶 烏龍茶など 中国茶に多いもので、発酵させたお茶
発酵茶 紅茶 茶の葉を完全に発酵させたもので、香りが高いお茶


茶摘み時期による分類

 茶の栽培が行われ、初めて摘まれたものは「一番茶」と言われ、その摘んだところから新たに出た芽を摘んだものは「二番茶」と言われる(この後、この工程が続き、「三番茶」「四番茶」などと言われる)。


茶葉を使っていない茶

 お茶は基本的には茶葉を使っているが、茶葉を使っていない茶もある。
 (例)そば茶、しそ茶、麦茶、タンポポ茶、ウコン茶、ハトムギ茶、柿葉茶


参考

小国伊太郎『心と体に効くお茶の科学 (図解雑学シリーズ)

日本茶インストラクター協会「日本茶の種類

お茶百科「お茶の種類

コメント