標準化

スポンサーリンク

標準化

 「標準化」とは、物やサービスなどについて、共通の規格・使用・ルールなどが定められることである。

 標準化自体はある種のルールであるが、このルールにより製品開発などは大きな影響を受け、このルール作りの際にはいかに自国産業・メーカーに優位なルールとするかが国際競争力上、重要な意味を持つため、経済産業省では2014年5月に「標準化官民戦略」を策定している。

経済産業省「「標準化官民戦略」を策定


標準化の分類

 標準化といった場合、「デファクトスタンダード」(事実上の標準)が有名であるが、標準化がなされるに当たり、いくつかのパターンに分類することができる。

区分 標準化のパターン
公的か事実上か デファクト標準(事実上の標準) デジュリ標準(公的標準)
自主的か強制的か 自主的標準 強制的標準
その他 市場淘汰による標準 企業間調整・協力による標準 公的標準 技術規制
(強制規格)
マイクロソフトのWindows DVD JIS規格 ガソリン


 個々の企業にとっては、「市場淘汰による標準」を握るかが重要であるが、単独の企業でこの標準化を行うことは難しい。他方、政府としては、強制規格などの形で規制を加えることは難しい。
 その意味で、「企業間調整・協力による標準」や「公的標準」の重要性が高まっているといえよう。


参考

柳川隆・川濵昇編『競争の戦略と政策 (有斐閣ブックス)

コメント