特化係数

スポンサーリンク

概要

 特化係数とは、地域のある産業が、どれだけ特化しているかを見る係数である。

 例えば、i県のサービス業を考えるとする。i県におけるサービス業の従事者は全産業のうち70%とする。他方、全国におけるサービス業の従事者は60%だった場合はどうだろうか。
 i県のほうが、サービス業の従事者の割合が高いため、全国に比べ、i県はサービス業に特徴があると考えられる。

 このように、ある産業に対し、i県の比率と全国の比率を比べて、高いのか低いのかを見るのが、特化係数である。

定義

 式としては、次のように定義される。

  特化係数 = i県のA産業の比率 ÷ 全国のA産業の比率

 1であれば全国と同様、1以上であれば、i県のA産業は特化していると考えられる。
 言い方を変えれば、i県においては全国に比べ、A産業の割合が大きいので、A産業はi県では特徴的な産業だと言える。

計算例

 全国とi県について、A産業とB産業があり、次のようなGDPとなっているとする。

A産業 B産業
i県 10兆円 10兆円 20兆円
全国 150兆円 350兆円 500兆円

 このとき、比率を計算すると、i県においてはA産業は50%(=10兆円÷20兆円)、B産業は50%(=10兆円÷20兆円)の比率となり、全国ではA産業は30%(=150兆円÷500兆円)、B産業は70%の比率(=350兆円÷500兆円)となる。
これを表で表すと、次のような形になる。

A産業 B産業
i県 50% 50% 100%
全国 30% 70% 100%


 このとき、A産業とB産業の特化係数は、次のように計算される。

  A産業:50%÷30%=1.67
  B産業:50%÷70%=0.71

 この結果、A産業は1以上なので、i県ではA産業が全国に比べ特化していることが分かる。

留意点

 特化係数は、比率に基づいて計算されるので、ある産業の比率が高ければ、他の産業の比率は低くなるので、その産業の特化係数は低くなる。

 また、特化係数は、(あまり分解されることはありませんが)2つの意味を合成した指標でもある。
 A県のi産業の生産量をA_i、全国のi産業生産量をY_iとすると、次のように定義できる。

  \displaystyle \frac{A_i/\sum{A_i}}{Y_i/\sum{Y_i}}

 これを式変形すると、次のようになる。

  \displaystyle \frac{A_i}{Y_i} \cdot \frac{\sum{Y_i}}{\sum{A_i}}

 ここで、\frac{A_i}{Y_i}は、i産業におけるA県の比率、\frac{\sum{Y_i}}{\sum{A_i}}は経済全体に占めるA県の比率の逆数である。

 i産業においてA県の生産が大きくなれば(\frac{A_i}{Y_i}が大きくなれば)、特化係数は上昇するが、経済全体のA県の比率が高いほど(\frac{\sum{Y_i}}{\sum{A_i}}が小さいほど)、特化係数は小さくなることを意味している。

 言い換えれば、ある産業でA県のシェアは変わらなくても、A県全体の経済が大きくなれば、特化係数は小さくなる。

コメント