地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!


概要

 は、化ナトリウムを主な成分とした調味料である。
 は欠乏すると、低ナトリウム血症などの症状を引き起こし、最後は死に至るため、人間にとって非常に重要な栄養素である。ただ、塩の摂り過ぎはむしろ健康を阻害し、現在は塩の過剰摂取が問題となっている。




定義

 塩については、塩事業法で、次のように定められている。

第二条 この法律において「塩」とは、塩化ナトリウムの含有量が百分の四十以上の固形物をいう。ただし、チリ硝石、カイニット、シルビニットその他財務省令で定める鉱物を除く。


 また、食用塩については、業界団体が自主的に定め、国より認定を受ける公正競争規約で、次のように定められている。

第2条 この規約において「食用塩」とは、塩化ナトリウムの含有量が100分の40 以上の固形物であり、一般消費者向けに食用として販売されるものをいう。

(出典)食用塩公正取引協議会「食用塩の表示に関する公正競争規約」(2014年改訂版)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)