地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

レント


レント

 レントとは、超過利潤などを意味する経済用語である。
 
 独占や規制など競争が不完全であることで、完全競争に比べて、多くの利益を得ることができる。この完全競争以上の利益をレントという。

 例えば、ある職業や産業が、資格や認可などで、独占業務となっていたり、保護されていたりするとする。そうすると、そのような資格や認可などがない人や企業は、その業務や産業に参入できず、供給が制限される。

 その資格や認可などを有している人や企業は、競争や供給が制限されるため、特別な利益を得ることができる。この特別な利益が、レントである。


レントシーキング

 レントは、特別な利益をもたらしてくれる。
 そうすると、そのレントを求めようとする人や企業も登場してくる。

 これをレントシーキング(rent seeking)という。

 分かりやすい例としては、ロビー活動であったり、政府と密接に結びつくことで、規制や保護をかけてもらい、レントを得ようとすることである。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)