ペティ=クラークの法則

スポンサーリンク

 ペティ=クラークの法則(Petty-Clark’s law)とは、経済が豊かになるほど、第1次産業から第2次産業へ、第2次産業から第3次産業へと、産業の中心が移行するという法則である。

 1690年に『政治算術』でペティにより指摘されていたが、オーストラリアの経済学者クラークが、多数の国に関し、各産業の就業者の比率を調べ、ペティの指摘が正しいことを実証したことから、2人の名をとって、「ペティ=クラークの法則」と呼ばれる。

コメント