地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

ネットワーク外部性


概要

 ネットワーク外部性とは、ある製品・サービスから得られる効用が、同じ製品・サービスを購入・利用する人が増えるほど、高まる効果である。


2つのネットワーク外部性

 更に、ネットワーク外部性は、直接的ネットワーク外部性と間接的ネットワーク外部性の2つがある。

 直接的ネットワーク外部性は、利用者の増加が、直接的に、個々の利用者の効用を高めるという効果である。例えば、電話・FAXなどが挙げられる。

 間接的ネットワーク外部性は、直接的には効用をもたらすことはないが、利用者の増加で、その周辺部分の価値が高まるという効果である。例えば、ネットのショッピングサイトは、利用者が増えるほど、出品される商品も増えるため、利用価値が高まる。


ネットワーク外部性の効果

 ネットワーク外部性があると、次の2つの現象が起きやすくなる。

 ①小さな市場が、クリティカル・マスに達すると、爆発的に大きくなる。

 ②最終的には1社のみが市場を支配する「一人勝ち」が起こる。


参考

土井教之『産業組織論入門 (MINERVA TEXT LIBRARY)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)