金型

スポンサーリンク

概要

 金型とは、金属・プラスチック・ゴムなどの材料を一定の形に成型するために用いられる金属で作られた型のことである。

 型としては、大量生産に適しているため、金型が一般的に使われているが、石を材料とした石型や、鋳造などで使われる砂型などもある。


金型の種類

 製造方法によって、金型は、次のような種類に大別される。

種類 概要
プレス用金型 金属薄板部品を製造するための金型である。
更に、変形方法により、抜き打ち加工金型、曲げ加工金型、絞り加工金型、圧縮加工金型、接合加工金型などがある。
鍛造用金型 厚い部品を叩き塑性変形させる鍛造加工のための金型である。
鋳造用金型 型に溶融金属を流し込み、成形品をつくる鋳造のため金型である。
ダイカスト用金型 鋳造に似ているが、高圧で溶融金属を流し込むダイカストのための金型である。
ゴム成型用金型 ゴム成型品を製造するための金型である。
樹脂型用金型 樹脂(プラスチック)の成形品を製造するための金型である。
樹脂成型にはいくつかの種類があり、その種類により、圧縮成型金型、射出成型金型、ブロー成型金型、真空成型金型などがある。
ガラス用金型 ガラス製品を製造するための金型である。
更にその製造方法で、ブロー型とプレス型に大別される。


金型製造の種類

 型の製造方法としては、大きく分けると、除去加工、成形加工、付加加工がある。

種類 概要
除去加工 不要な部分を除去することで金型を製造する方法
成形加工 材料を変形させることで金型を製造する方法
付加加工 材料をつなぎ合わせることで金型を製造する方法


 ただ、金型加工にあっては、除去加工が一般的となっており、切削加工・研削加工・放電加工・レーザ加工のような加工法がある。


参考

型技術協会編『金型が一番わかる (しくみ図解)

コメント