地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

皮革


概要

 皮革とは、生の皮やなめした革の総称である。
 「皮」は毛がついていたり、なめしていないもので、「革」は脱毛し、なめしたものを指す。この点で、一般に、「皮」は「革」へと加工され、利用されている。


皮革の種類

 皮革は、広義には大きく分けて、次の3つに分けられる。

天然皮革 牛皮・鹿皮など、天然の皮革を利用したもの。
牛皮がよく利用されているが、ワニ皮にように爬虫類を原料としていたり、伝統工芸である甲州印伝のように鹿皮を使っているなど、多種の動物の皮が用いられている。
合成皮革 フェイクレザー「模造(偽物)皮革」とも言われ、生地に合成樹脂を塗し、皮風に見せたもの。
人工皮革 樹脂を、天然皮革の素材構造に似せ、作られたもの。
一般に、「クラリーノ」が有名である。


参考

出口公長『皮革あ・ら・か・る・と

新潟県工業技術総合研究所「合成皮革と人工皮革







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)