ガラス

スポンサーリンク

概要

 ガラスとは、一般的には二酸化ケイ素を材料とした透明の部材を指すが、材料科学的には、液体が冷却され、結晶化することなく(原子配列が無秩序なまま)、固体となったものがガラスとされる。


代表的なガラス

 ガラスとなる物質は様々なものがあるが、二酸化ケイ素を主成分とするガラスが一般的に使用されている。
 その中で、代表的なガラス系は、次のものがある。

名称 組成系 用途 特徴
シリカガラス SiO_2 半導体プロセス用部材など 高純度、高耐熱性、低膨張
ソーダライムガラス SiO_2-Cao-Na_2O 窓ガラス、びんガラス、蛍光灯管ガラスなど 安価、大量生産
ボリシリケートガラス SiO_2-B_2O_3-Na_2O 理化学機器、耐熱食器など 高化学耐久性、低膨張
アルミノボリシリケートガラス、無アルカリガラス SiO_2-Al_2O_3-B_2O_3-RO TFT液晶パネル用基板 TFT液晶用に最適化、低膨張
アルミノシリケートガラス、高歪点ガラス SiO_2-Al_2O_3-RO-R_2O プラズマディスプレイ用基板・化学強化ガラス ソーダライムより高耐熱、イオン交換容易


参考

ニューガラスフォーラム編著『ガラスの科学 (おもしろサイエンス)

コメント