エセンシャル・ファシリティ

スポンサーリンク

 エセンシャル・ファシリティとは、事業運営を行う上で必要な要素であり、競争者が独自に構築することが難しい設備・技術である。
 このような設備・技術を特定の企業が占有した場合、圧倒的に競争上、有利となる。

 エセンシャル・ファシリティの例としては、電力事業における送配電網、水道事業における水道管網、航空事業における空港などが挙げられる。


参考

土井教之『産業組織論入門 (MINERVA TEXT LIBRARY)

コメント