地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

現在割引価値


現在割引価値

 現在割引価値割引現在価値)とは、将来の価値を現在の価値に修正したものである。

 例えば、金利を5%とし、100円もっているとすると、1年後には利子がつき、その価値は105円となる。
 逆にいえば、将来の105円を、現在の価値に直そうとすると、金利5%分を割り引いた(除算した)100円が現在の価値ということができる。

 直観的には分かりにくい部分もあるが、この考えは、経済学だけではなく、企業価値の算定など経営学でも用いられている。


双曲割引モデル

 通常、経済学や経営学では、割引率(金利)は一定として取り扱われる。
 ただ現実的には、金利は将来にわたり一定ということはありえず、本当にこの「一定」という考えがいいのかという問題が生じる。

 このとき、面白いものとして、「双曲割引モデル」というものがある。
 これは、行動経済学の概念で、近い将来の割引率は高く、遠い将来になるほど、割引率は低くなるというものである。

 アンケートなどの実験によって得られた結果で、人間は「せっかち」であることを表している。


参考

真壁昭夫『行動経済学入門―基礎から応用までまるわかり

リチャード・セイラー『セイラー教授の行動経済学入門







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)