スポンサーリンク

概要

 とは、繊維や糸から作られた、一定の強度をもつ、しなやかな材料である。

 一般に、といえば、服などに使用される材料を思い浮かべるかもしれないが、広い意味でいえば、パルプという繊維を成形した「」も一種の布(不織布)といえる。


布の分類

 布は、製造方法で特徴に違いが出てくるとともに、製造方法で機械設備なども大きく異なる。
 例えば、編物は通気性がよいが、織物は通気性がよくないなどといった特徴があり、近代日本の発明で有名な「豊田式汽力織機」はその言葉のとおり、織物を製造する機械である。

 そのため一般的に、布については製造方法で、次のように分類される。

定義
織物 縦糸と横糸を一定の方式で交錯させたもの ジャケット、デニム
編物(ニット) 糸の編目を前後左右に連ねたもの Tシャツ、ジャージ
組紐 糸を斜めに組み合わせ、紐状にしたもの 靴ひも、FRP
レース 糸を絡み合わせ、透かし目で模様を表したもの レース飾り
糸を結合させて編目を作り、連ね合わせたもの 漁網、ネット
不織布 繊維を直接、交絡・接着などの方法で結合させたもの おしぼり、フェルト


参考

繊維学会編著『やさしい繊維の基礎知識

コメント