浄水方法の種類

スポンサーリンク

 水道水を作る浄水場において、重要な点は、どのような浄水方法を採用しているかという点である。
 浄水方法により、建設コストは勿論、運営コスト(水の製造コスト)は大きく変わってくる。

 また同じ水道水といっても、浄水方法によって、味は大きく変わってくる。都会の水はおいしくないという印象があるが、例えば東京ではいくつもの浄水場があり、それぞれの浄水場で浄水方法は異なっている。そのため、同じ東京であっても、美味しい水道水が飲める地域とあまり美味しくない水道水が飲める地域がある。更に、浄水技術は高度化しているので、昔と比べると、水道水は美味しくなっている場合が多い。

 このように、浄水方法は水道水を考える上で、重要なポイントであり、大きく分けると次の3つの浄水方法がある。

緩速ろ過 もっとも古くからある浄水方法である。
仕組みは簡単で、砂及び細菌などにより水をろ過し、きれいにするというものだ。井戸水や地下水はきれいな場合が多いが、これは土や細菌などによりろ過されているためである。言い換えると、この方法は、人工的に井戸水や地下水を作り出そうという方法である。
このような方法を採用しているため、水道水においては、緩速ろ過の水道水が最も美味しいとも言われている。
ただ、大きな土地が必要であったり、比較的原水がきれいでなければならないなどの課題もある。
急速ろ過 高度成長期に普及した浄水方法で、水道水がおいしくないという印象があるのは、多くの浄水場でこの浄水方法を採用しているからである。
仕組みとしては、簡単に言うと、原水を石灰水で殺菌して、凝集剤で不純物を沈殿させ、その上澄みを水道水として供給するというものである。「水道水=カルキ」というイメージがあるが、浄水過程で石灰水を使用しているためである。
ただ近年は、オゾン処理や活性炭処理など、高度浄水処理を行っている施設も多く、昔よりも味は向上しているはずである。
また、大量に水道水を製造するにあたっては、急速ろ過が向いている。
膜ろ過 最も新しい浄水方法である。
原理としては、ろ過膜というフィルターを使って、浄水する方法である。このようにいうと、特別な方法のように思えるが、家庭で使われている浄水器などは、この方法で浄水が行われている。
膜の穴の大きさで通過できる物質が異なったりするため、どのような膜を使うかで、精密ろ過・ナノろ過など、更に様々な種類に区分される。
また、緩速ろ過や急速ろ過が浄水施設や運転管理が重要となるのとは異なり、膜ろ過では装置の要素が強い。そのため、他の浄水方法に比べ、ろ過装置のコストが高いという面がある。ただ、クリプトスポリジウムなどの病原性細菌に対応するには、膜ろ過がよいということもあり、近年、採用している自治体も多い。


参考

川北和徳『上水道工学 [第4版]

コメント