地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

陶磁器


概要

 陶磁器とは、陶器磁器の総称で、石粉や粘土などを焼いたものである。
 いわゆる「焼き物」と呼ばれるものであるが、セラミックスの一つでもある。


分類

 陶磁器と総称されるが、大きく分ければ、陶器・炻器(せっき)・磁器に分類される。

陶器 炻器 磁器
原料 陶土 陶土 磁土・陶土
焼成温度 低・高度
(1100~1200度)
高度
(1200度)
高度
(1300~1400度)
硬さ 柔らかい~硬い 硬め 硬い
釉薬 かける かけない(自然釉) かける
歴史 奈良初期 鎌倉初期 江戸初期
美濃焼、萩焼、唐津焼など 越前焼、信楽焼、備前焼など 九谷焼、砥部焼、有田焼など


 特に、陶器と磁器の違いがポイントとなるが、磁器は、原料としてカオリンというケイ酸鉱物を含んだ土を使用し、高温で焼成されるが、陶器はカオリンを含んでいない土が使い低温で焼成される。
 そのため、磁器はガラス質を多く有しているので、透過性を有し、指で叩くと澄んだ音がする。他方、陶器は透過性がなく、指で叩いても鈍い音となる。また、磁器は吸水性がないのに対し、陶器は吸水性を有している。


参考

佐々木秀憲『すぐわかる産地別やきものの見わけ方

土岐市「磁器と陶器の違いは







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)