地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

セメント


概要

 セメントとは、コンクリートの材料である。石灰石、粘土、鉄などを主原料とし、これらを調合し、焼成・粉砕という工程で製造される。


セメントの種類

 一般的にセメントは、次の3つの大別される。

ポルトランドセメント 一般的なセメントのことで、通常、セメントというときは、このポルトランドセメントのことを指す。
なお、原材料の主成分の含有率を変えることで、普通ポルトランドセメント、早強ポルトランドセメントなどに区分することができる。
混合セメント ポルトランドセメントに、別の物質を混合したセメントのことである。
例えば、高炉スラグ微粉末を混合した高炉セメント、フライアッシュ(火力発電などで生じる微粉末)を混合したフライアッシュセメントなどがある。
特殊セメント ポルランドセメントとは異なる材料で作られたセメントのことである。
例えば、ボーキサイトと石灰石などでつくられる「アルミナセメント」などがある。


参考

明石雄一『コンクリートの科学 (おもしろサイエンス)

セメント協会「コンクリートとは







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)