AIDMA

スポンサーリンク

 AIDMA(アイドマ)とは、経営学・マーケティングの理論で、消費者の購買プロセスを説明するモデルである。

 この理論においては、消費者は、次のような段階・プロセスを経て、商品を購入するとされる。
 なお、AIDMAという言葉は、それぞれの段階の英単語の頭文字を組み合わせたものである。

 ①注意(Attention) … 商品を知るという段階
 ②興味(Interest) … 商品について興味を持つ段階
 ③欲求(Desire) … 商品を欲しいと思う段階
 ④動機(Motive) … 商品について購入動機を求める段階
 ⑤行動(Action) … 実際に商品を購入する段階

 マーケティングにおいては、消費者がどのような段階にあるかを見定め、段階に応じたPRやコミュニケーションが重要とされる。

コメント