地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

AIDMA


 AIDMA(アイドマ)とは、経営学・マーケティングの理論で、消費者の購買プロセスを説明するモデルである。

 この理論においては、消費者は、次のような段階・プロセスを経て、商品を購入するとされる。
 なお、AIDMAという言葉は、それぞれの段階の英単語の頭文字を組み合わせたものである。

 ①注意(Attention) … 商品を知るという段階
 ②興味(Interest) … 商品について興味を持つ段階
 ③欲求(Desire) … 商品を欲しいと思う段階
 ④動機(Motive) … 商品について購入動機を求める段階
 ⑤行動(Action) … 実際に商品を購入する段階

 マーケティングにおいては、消費者がどのような段階にあるかを見定め、段階に応じたPRやコミュニケーションが重要とされる。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)