小売業

スポンサーリンク
観光

和歌山県の梅収穫体験。地道だけど、良い取り組みだ。

 和歌山県上富田町では、都市と農村の交流事業として、生協店舗関係者や消費者を招いて、収穫体験を行っているという。 外部リンク「産地の苦労分かった」 市場関係者が梅収穫体験  内容としては、単なる収穫体験たいしたことはない。 ...
2015.08.12
地域政策

やはり厳しいアンテナショップ

 鳥取県のレストラン「トットリーネ」が閉店するようだ。  アンテナショップ「食のみやこ鳥取プラザ」の2階にあり、食のアンテナショップとして、イタリアンを提供したが、売上がピーク時の半分に落ち込み、閉店に至るという。 外部リンク201...
2015.08.12
商店街

どうなるか? アンテナショップの出店攻勢

 福井県が、東京世田谷の用賀商店街と出店契約を結んだ。  用賀商店街では、2012年11月に地域特産品のセレクトショップ「よーがや」を開店し、自治体に販売棚を貸し出すサービスを始めている。すでに全国7市町村と契約しているが、今回、都道府県...
2015.08.12
地域経済

地方のほうが、小売業で資金が必要?

概要  事業を行う上で、どのくらいの在庫をもつかは非常に重要だ。  例えば、小売業で、売るものがないという状況は避けなければならないが、在庫が多いということは、それだけの商品を仕入れておく必要があり、より資金が必要になる。  そのため...
2015.08.12
地域経済

ヤマダ電機による46店閉店と市場の失敗

ヤマダ電機による46店閉店  ヤマダ電機が、5月末までに46店もの店舗を閉店するそうだ。 2015.5.24 朝日新聞「ヤマダ電機、46店を閉店 拡大路線転換、都市部に注力」  これ自体、市場が縮小する中で、ある意味、仕方がな...
2015.08.12
地域経済

小さなお店より、やっぱり売り場は大きいほうが儲かる!

 地域の小売店にとって、ショッピングモールなどの大規模商業施設は脅威である。様々な店舗があり、価格も安い場合が多い。特に、イオン系のお店などは、イトーヨーカ堂のような都市型ではなく、もともと地方が発祥なので地方への店舗展開に強い。そしてその...
スポンサーリンク