地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

いいと思う。「高知家」入り宅配箱


 高知県では、高知県は一つの大きな家族であるとして、「高知家」(こうちけ)というコンセプトでプロモーションを行っている。
 そして今回、クロネコヤマトで、高知家のロゴが入った宅配箱の取り扱いが始まったようだ。

外部リンク2014/2/4 高知新聞「「高知家」入り宅配箱ヤマトグループがPRに協力


 箱としては、単に水色で、「高知家」のロゴが入ったものである。この点で大したことがないという見方もできる。また、キャラクターが入ったような宅配箱もあったりする中で、地味といえば地味である。

 しかし、この箱の便利な点は、この荷物が高知県から来たことがすぐに分かるということにあると思う。


http://www.kochike.pref.kochi.lg.jp/~top/

高知家HP

 ゆるキャラなどでは、そもそもそのキャラクターがどこのものであるかが分からなかったり、キャラクターが独り立ちして、その地域のPRに繋がりにくい面がある。例えば、くまもんは熊本のゆるキャラであることは知っていても、見た瞬間に、単なる熊のキャラクターで、熊本そのものを想起することは少ない。

 この点で、デザイン性も優れており、文字として「高知」という字が入っているため、印象に残りやすく、高知のPRに繋がりやすいだろう。
 そしてそれが全国に流通されるのだから、高知県をPRすることを考えると非常に面白い。

 「高知家」のようなコンセプトでプロモーションを行っていない都道府県も多いので、すぐに他の地域でできるかといえば、そうはいかないが、是非とも他の自治体でも、宅配業者などとタッグを組んで、行ったほうがいいと思う。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)