地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

地域サッカーの経済効果、たったの20億円!


 サッカーJ2のモンテディオ山形による経済効果が年20億円というニュースがあった。
 「新生モンテディオ山形と地域づくり」という公開シンポジウムの中で報告されたことなので、地域のサッカーチームの経済効果が非常にあるということをいいたかったのだろう。

外部リンク2013/12/22 山形新聞「モンテ効果、年20億円 雇用生み税収もアップ、山形でシンポ」


 20億円と聞くと、非常に大きな額に思える。
 しかし、山形県のGDPは3~4兆円。20億円は、その0.05%程度に過ぎない。外的な要因で吹けば飛ぶような数字である。また、業種にもよるが数十人の中小企業であれば、このくらいの売上はあるので、このような企業を誘致したほうが早いとも言えよう。

 とはいえ、地域のサッカーチームは、その地域にとって非常に重要である。
 この点で、次の3つのことをまずは考えるべきだと思う。

 1つは、経済効果なんて、この段階で考えても仕方がないという点である。上記のように、20億円なんて地域経済という観点では小さな数値に過ぎない。むしろ、地域の人たちが元気が出たり、心が温まるなど、地域の人たちの気持ちを大事にするようなサッカーチームであるべきだろう。そしてその気持ちの在り方が、地域への経済に好循環をもたらすに違いない。

 2つは、この規模の場合、地域経済を考える前に、むしろチームとして、いかに儲けるかを考えるべきだ。どのように経済効果を算出しているか分からないが、プロスポーツのビジネスモデルを考えると、儲けは観戦料・グッズ・広告などがメインになる。そしてそれを基準に、経済効果も算出しているに違いない。その点で、チームが儲かれば、経済効果も大きくなるのである。

 2つ目の点はあくまでも既存の仕組みであるが、3つ目として、地域らしい新たな仕組みを考えることである。アイデアレベルなので差し控えたいが、サッカーのビジネスと違いビジネスを組み合わせたりすることで、チーム自体が儲かったり、チームが儲からなくても地域が儲かるという仕組みが考えられる。

 以前、「昔はスポーツと地域は関係が深かったけど…。スポーツの地域離れ」でスポーツの地域離れについて書いたが、楽天の優勝に見られるように、地域のチームが活躍したりすると嬉しいものであり、優勝セールなど地域経済への影響も大きい。

 この点で、地域の人たちが元気になり、地域経済も活性化するような地域スポーツであってほしいと思う。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)