地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

まちなか水族館、面白そうだ。


 松山市で、まちなか水族館というものが、誕生したそうだ。
 デジタルサイネージ(電子掲示板)で魚を映し出すもので、魚のほか、CMも流されるという。

外部リンク2013/10/07 松山経済新聞「まつちかタウンに「まちなか水族館」-液晶でおさかな館の映像上映


 70インチのディスプレイだそうだから、それなりの大きさで、ある程度、目につく。何よりこのようなものがあると、その場所の雰囲気も変わるだろう。その意味で、このようなことは広がり、その町に相応しいコンテンツなどをどんどん放送してほしいと思う。

 とはいえ、課題があるといえる。

 ある程度の大きさがあっても、一つのディスプレイではどうしても、街並みに埋もれてしまう可能性が高い。いくつかのディスプレイを並べたりすることで、その場所が特別なところになる。
 しかしそれには、コストの問題が生じるだろう。電気代はもとより、何よりもデジタルサイネージのハード設備をいかに用意するかという点である。また、面白いものを作ろうとすれば、それなりにコンテンツの費用もかかる。

 ただ、この例のように、CMなどを流したりすれば、厳密に計算はしていないが、コスト的には何とかなるのではないだろうか。単純に考えても、ディスプレイ自体は数十万円で、仮に5万円で月額の広告料をとるとすれば、年間60万円。ハード費用は1・2年で回収できる。

 その意味で、このような取り組みはもっと広がっていいのではないだろうか。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)