地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

地域の祭りをどう考えるべきか。


 ちょうど、5日・6日に、2つの祭りに関するイベントが石川県で行われた。
 「日本の祭りin石川2013」と「第14回YOSAKOIソーラン日本海本祭」というイベントである。

外部リンク2103/10/06 北國新聞「太鼓や獅子舞など全国59団体 金沢で「日本の祭りin石川2013」
外部リンク2103/10/06 北國新聞「迫力の舞 宝達志水町でYOSAKOI日本海本祭ソーランナイト


 「日本の祭りin石川2013」は、昔からの地域の祭りを公演するというものである。一方、「第14回YOSAKOIソーラン日本海本祭」は、全国的に広がっている、いわゆるYOSAKOIソーランである。
 同じ祭りとはいえ、前者は昔ながらの祭りで地元の祭り、後者は新しい祭りで県外の祭り。それが、同じ県で、同じ日に行われ、非常に興味深いと思う。

 私としては、昔ながらの地域性が感じられる祭りのほうがいいと思うが、YOSAKOIソーランに人気があるのも、理由があるのだろう。

 例えば、

  • だれでも参加できる体験型である
  • チームによる参加である
  • コンテスト形態がとられている
  • 全国的に有名で・ブランドがある
  • その地域では昔ながらでないがゆえ、新しさを感じる など

 逆に言えば、昔ながらの祭りはこのような要素を満たしていなかったり、このようなニーズに答えていないということの表れだと思う。

 そして、どうせお祭りをするならば、その地域で、昔ながらの祭りを改変したり、新しい祭りを生み出してほしいと思う。
 新しいものを生み出すことが難しいならば、少しだけ工夫をして、地域らしさを出してもいいのかもしれない。例えば、この石川県のYOSAKOIソーランならば、参加者の衣装は加賀友禅に限定するなどだ(勿論、本物の加賀友禅は高いので、友禅文様の衣装などとしてもいいだろう)。

 他と違いがあるから、他の地域からも、参加したい・見たいと思うのである。祭り自体が場所や空間などに依存するので、それだけで差別化が図られているともいえるが、その内容についても、しっかりと差別化を意識すべきだろう。
 また、地域の人をターゲットにしているのだから、そのような工夫は必要ないという考え方もできる。しかし、他の地域とは違うからこそ、その地域にアイデンティファイできるのだと思う。

 他と違うことをやっても、他の地域から観光客をそう呼べるものではない。しかし、地域を意識して少しでも工夫することで、その地域をより知ってもらうことができ、参加者などはその地域に住んでいるんだという実感がもてる。
 そして、このような小さな違いの積み重ねこそ、その地域が、特別な地域となる源泉なのである。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)