地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

もっと地域にスポーツを!


 プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスが優勝した。
 東日本大震災復興、初優勝、田中将大投手の連勝記録などから、楽天ファンでなくても、非常にうれしい気持ちにさせてくれる優勝だ。
 そして当然ながら、地元・仙台では盛り上がっているようである。

 私は、「昔はスポーツと地域は関係が深かったけど…。スポーツの地域離れ」で述べたように、総合的に考えると、地域とスポーツは縁が薄くなっているような気がしている。
 ただ、この楽天の優勝を見て思うのが、プロ野球のようなメジャースポーツで優勝となると、その影響や経済効果は非常に大きいものだとと感じてしまう。

 そこで改めて、野球とサッカーの2つについて、都道府県別に調べてみた。これら2つを選んだのは、野球とサッカーはメジャースポーツであり、ホームグランドを有しているチームが、比較的いろんな都道府県にあるからである。

 詳しくは、下のページを見てほしいが、都道府県によって、大きな違いがあることが分かる。

参考プロ野球球団の都道府県別一覧、 プロサッカーチームの都道府県別一覧


 青森や岩手のように、(社会人チームなどはあったりするが)プロチームがないようなところもあれば、神奈川県のようにサッカーで4チームもあるようなところもある。
 また、当たり前と言えば当たり前なのだが、個人的には、プロ野球で阪神は大阪、オリックスは兵庫という印象だったが、逆だったことに改めて気づかされた。

 いずれにせよ、地域によって、大きくプロスポーツについて、土壌が大きく異なることが分かる。
 しかし、その地域のチームが優勝したりすると、地域としては盛り上がるし、経済効果もあるだろう。この点で、もっと、いろんな地域にプロスポーツチームが広がったらいいと思う。

 現実は厳しいことは分かる。
 経営的に厳しかったりもするだろう。地方ほど、スポンサーも少なく、そもそも人口が少ないため来場者数という点でも収益は望みにくい。また、チームがないようなところは勿論、チームがあってもほとんど盛り上がっていないようなところも多い。

 しかし、長期的なスパンで考えると、もっと地域として、スポーツを盛り上げていいように思う。

 プロ野球などは少し違うが、サッカーなどは実力主義的な要素も強く、勝てばJ1などメジャーとなれる。そうすれば、選手などは勿論、観戦客なども来ることから、地域としては経済効果があるだろう。更に、優勝となれば、もっと盛り上がるに違いない。

 地元メディアにとっては、実務的な効果もあるだろう。どうしても地元メディアはニュースのネタに困ることがある。その点で、このようなチームがあれば、ニュースのネタに困らないという話もある。

 更には、このようなチームがあれば、チームは勿論、人を生み出すことができる。地域活性化のパターンとして、人というものがある。その地域に生まれた人であったり、その地域に関わった人という点で、活性化が行われる。
 つまり、スポーツチームを盛り上げていき、人材を育成することで、地域活性化の資源を生み出すこともできるのだ。

 正直いうと、上記で述べたように、非常に厳しい状況があると思う。
 しかし、行政や民間・メディアなど、地域が一丸となって、地域でのメジャースポーツの活性化を図っていったほうがいいと思う。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)