地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

長野のNPO寄付サイト、仕組みとしては中途半端なのかも?


概要

 長野県のNPO寄付サイトの寄付金が低調だそうだ。
 初年度には、2,500万円の寄付を予定していたが、現状は、44件の寄付があり、金額は326万円に留まっているという。

外部リンク2013/08/13 日本経済新聞「長野県のNPO寄付サイト低調 非ネット経由も検討


 ただ、これは「低調」というよりも、さすが県が絡んだ事業であり、よくお金は集まっていると思う。
 通常、寄付などを募っても、なかなか集まるものではない。(職員なども寄付をしているだろうがそれでも)プレスリリースとHPだけで、300万円以上のお金が集まっているのだから、成果としては十分だろう。
 むしろ、目標が高すぎた結果で、私は決して「低調」というのは当たらないと思う。

 とはいえ、取組みとしては、不十分であり、中途半端な仕組みとなっている。
 地域のNPOの活動を支援する上でも、改めて仕組みの再構築が必要だ。


再構築のためにすべきこと

 「長野県みらいベース」のHPを見ると分かるが、クラウドファンディングをかなりイメージしたものとなっている。むしろ、クラウドファンディングを見返りなしでの寄付という形で行っている仕組みと言えよう。
 このように考えたとき、クラウドファンディングが行っていて、この事業でできていない点を見ると、課題が見えやすい。
長野県みらいベース


 まず1つ目は、時間制限がないという点である。クラウドファンディングであれば、期間を設けて、その期間内にお金が集まらなければ、投資は行われない。寄付をする人からすれば、期限があることで、先延ばしにせず、寄付を行う。逆に寄付がほしい人からすれば、何とか寄付を集めようと頑張るのである。しかし、このサイトにはこのような仕組みがない点で、仕組みとしては弱くなっているのだろう。

 ただ、この点は、行政(運営はNPOの長野県みらい基金)が行っているため、仕方がない部分がある。
 クラウドファンディングという仕組みを回すには、しっかりお金が集まり、事業として動いているということを見せる必要がある。投資を受ける側からすると、しっかりとお金が集まる仕組みだから、自分も応募しようと思い、寄付する側からすると、寄付をしたとき事業が実施されるだろうから、寄付をしようと思うのである。

 そこで、(ある意味、サクラといってもいいかもしれないが)通常のクラウドファンディングの場合、スタート時には身銭を切って、投資を成立させ、事業をスタートさせている場合がある。こうすることで、仕組みの信頼性を確保しているのである。
 しかし、これが行政では、このようなことを行うことはできない(もしくは難しい)だろう。そこで、この点はあまり考えても仕方がない。

 2つ目は、クラウドファンディングにあるような「お返し」がない点である。クラウドファンディングの場合、しっかりとした物などによるお返しもあれば、実施状況が分かるなど、単純なお返しもある。
 寄付という点で、物によるお返しはできないにせよ、「お礼レター」や事業におけるお礼の仕組みを設けることはできるだろう。そうやって、寄付していただいた方への感謝や敬意を示す仕組みを設けることができるだろうし、やるべきだ。決して特別な仕組みではなく、むしろ古典的な仕組みである。例えば、神社などに行けば、必ず建立・建替えなどに際して、寄付をしてもらった人の名前が、どこかに刻まれている。お礼レターなどの形であったり、この神社と同様なことを行えばいいということだ。

 3つ目は、地域性を活かしていない点である。
 主要な寄付者として、県民を想定しているのだろう。折角、県内の事業であり、近くに寄付者がいるのに、その接点を設けていない点に、仕組みとしての問題がある。サイトを通じて、寄付者と寄付を受ける者の接点を設けることが重要だ。
 特に、寄付をする人は事業だけで寄付を行うわけではない。人や団体が行っていることを、見て判断するのである。この点で、寄付をしたい人と寄付を受ける人をつなぐ窓口を設ける必要があると共に、積極的に寄付を受ける人がアピールすることを行う必要がある。

 この点で、8月から街頭PRなどを行うそうだが、職員などがこれを行ってはいけない。寄付を欲しい人が、必死にこの地域にこの事業を行うことをアピールする必要がある。そしてそうすることで、その団体の熱意に、応援したいという気持ちが生じるのである。逆に言えば、県としては、寄付を受けるNPOがPRする場を作っていくことが重要な仕事であるといえよう。

 以上のように、すべきことはいくつもある。
 是非とも、頑張ってほしいと思う。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)