地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

昔はスポーツと地域は関係が深かったけど…。スポーツの地域離れ


 思えば、かつてスポーツと地域は密接に結びついていた。しかし現在、スポーツの地域離れが進んでいるように思える。

 1つは、スポーツを通じて、地域の代表を表徴していた。例えば、高校野球に見られるように、単なる野球というスポーツに留まらず、都道府県を代表する存在として、機能していた。これは高校野球だけでなく、高校サッカーなども同様である。また、相撲などに見られるように、主に地方の若者が力士になり、地域がその力士を応援するということがあった。しかし、高校野球などはかつてほどの人気はなくなっており、力士も外国人が多くなっている。地域で地元のチームや選手を応援するという状況が弱くなっている。

 もう1つは、一般の人が楽しむスポーツのメインは、スキーやゴルフなど、地方で楽しむスポーツが多かった。しかし現在は、これらのスポーツは人気がなくなっている。
 右のグラフは、ゴルフ、スキー・スノボ、海水浴の参加人口の推移である。いずれも、地域や地方に行き、楽しむレジャーである。しかし、グラフから分かるように、右肩下がりで落ち込んでいる。かつては、昼間はゴルフ・スキー、夜は旅館で楽しむなどといった形で、地域にお金が落ちていた。しかし、このように需要が大きく落ち込んでいては、どうしようもない。
ゴルフ、スキー・スノボ、海水浴の参加人口の推移

ゴルフ、スキー・スノボ、海水浴の参加人口の推移

 スポーツを通じた地域おこしなども行われているが、上記のように、スポーツと地域の関係が薄くなっているのが現実である。

 反面、マラソンブームや、登山ブーム・山ガールなどといわれるように、違ったスポーツが人気を集めている。スポーツとしては、ジムやダンスなども手堅く推移している。

 これらを考えると、これまでとは違ったスポーツに対して、これまでとは違ったチャネルで、地域とどう結びつけるかが重要なポイントだろう。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)