地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

全国紙は、ローカル紙である


 新聞といえば、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、日本経済新聞などを思い起こす。
 しかし、地方の人ならよく分かるが、地方ではそれらの新聞はマイナーだ。むしろ、地元の地方のほうがそのような全国よりも有名だ。そして地方では、新聞というメディアにおいては、この地方が重要な役割を担っている。

参考新聞の種類

 実際、各都道府県のシェアトップの新聞を見ると、47都道府県中37都道府県で地方紙がトップとなっている(データとしては、読売新聞広告ガイドHPより、朝刊の2012.7~12の世帯普及率)。

参考新聞シェアの都道府県別一覧

 中日新聞などは東京新聞として首都圏にも展開しているが、その中日新聞を抜いても、47都道府県中34都道府県で地方紙がトップである。特に、徳島県の徳島新聞は、世帯普及率が75.6%と非常に高い数値を示している。また通常、1つの世帯では1つの新聞しかとらない場合が多い。地方で全国紙を購読しているのは、役所や大企業などが多く、実際の地方紙のシェアはもっと高いだろう。

 これらのシェアを考えると、全国紙が実は、首都圏や関西圏のローカル紙に過ぎないように感じてしまう(勿論、時事通信が中央のニュースを地方紙に配信しているが…)。そして少なくとも重要なのが、全国紙がすべてではないという視点である。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)