地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

茨城県と千葉県。大きなジレンマを抱えている…。


実は、農業大県である

 茨城県千葉県は、面白い都道府県である。
 農業といえば、北海道のイメージが強いが、茨城県千葉県も農業産出額の多い都道府県である。
 右の円グラフは、平成23年の農業産出額の都道府県シェアである。北海道が約12%と高いが、茨城県鹿児島県千葉県も約5%のシェアがある。右の折れ線グラフのランキング推移でみても、北海道は不動の1位だが、これら三県は2位から4位の間で推移を続けている。
(ただ、鹿児島県は茨城県・千葉県と異なり、酪農による産出が高く、異なった構造となっている)

 なぜ、茨城県や千葉県には、農業というイメージが少ないのだろうか。ここには、それなりの理由がある。

 まず1つ目は、右のグラフから分かるように、茨城県や千葉県は北海道に比べれば、半分以下の産出額しかない。このボリュームという点で、北海道に圧倒的に負けているという点である。

農業産出額の都道府県シェア(平成23年)

農業産出額の都道府県シェア(平成23年)


農業産出額の都道府県ランキング

農業産出額の都道府県ランキング

 2つ目は、ランキングという点でも、千葉県・茨城県などは、2位から4位の間で団子状態にあるという点だ。2位でも抜きん出た2位ならば、印象はあるが、毎年入れ替わるような2位では、農業大県というイメージが付きにくい。

 3つ目は、ブランド野菜やブランド果物が少ない点である。同様に、北海道ならばじゃがいもやとうもろこしなどのイメージがあるが、千葉県や茨城県では、野菜・果物の種類で見ても、あまりイメージが乏しい。関連して、伝統野菜も少ない点がある。千葉県には、大浦ごぼうという伝統野菜があるが、数も少なく、認知度もそれほど高くない。

 すなわち、茨城県や千葉県は、農業大県であるが、圧倒的なボリュームの産出額があるわけではなく、ブランド化もされていないため、農業のイメージが乏しいのだろう。


ここにジレンマがある

 この問題は、農業だけではない。製造業にしても、大きな工業地帯を抱えていたりと発達している。
 しかし、いずれも上位ではあるが、トップではない。
 また、ブランド化されているわけでもなく、文化・伝統という点でも優位性があるわけでもない。例えば、伝統工芸は、他の都道府県に比べ、決して多いとは言えない。

参考伝統工芸の都道府県別一覧

 なぜ、こうなったのか? 理由は単純であろう。東京という大都市の供給地として、経済・産業が発達してきたからだ。

 しかし、これでは、東京という都市次第という面が強く、脆弱的な経済構造となっている。また、これからは地域のブランドも要求される時代となるだろう。
 特色はないが、そこそこに良い経済。これからの時代を考えた場合、ここに大きなジレンマがある。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)