地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

まずは、基礎的自治体の役割を考えよう


 市町村といっても、数百人程度の自治体から100万人以上の自治体など、様々ある。しかし、それらはすべて基礎的自治体として、法律では同じように取り扱われる。
 ただ、それではいけないということで、次のような区分がある。

  • 政令指定都市(人口50万人以上)
  • 中核市(人口30万人以上)
  • 特例市(人口20万人以上)

参考市の区分

 ここで問題なのは、このような市に指定された場合、都道府県の権限・事務をそれらの市に移すということである。例えば、政令指定都市になれば、都道府県並みの権限・事務となる。このような結果生まれた有名な話として、大阪府と大阪市の2重行政問題である。同じ地域を所管していながら、(厳密には異なるが)2つの自治体で似たような権限・事務を行っているため、問題が生じる。この問題の一番のポイントは、都道府県の権限・事務を市町村に移すという形でしかない点である。地方自治という枠内で、権限・事務をやり取りしているに過ぎない。むしろ、このような制度を設けるならば、国の権限・事務を移さなければ、意味がない。

 とはいえ、私は元々、このような制度は反対である。
 基礎的自治体には、基礎的自治体の役割がある。住民にとって一番身近な行政機関は、市町村である。どれだけ、国の省庁や都道府県庁に行ったことのある人がいるだろうか。国や都道府県は、あまり住民に関わりが少ないところなのである。せいぜい関わりがあるのは、ハローワークであり、かつての社会保険事務所であろう。しかしいずれも、問題がある機関である。
 基礎的自治体に、国や都道府県の権限を委譲するのは、意味がない。このような制度を止めて、むしろ基礎的自治体の役割を改めて見直し、それに応じた制度にする必要がある。
 人口が100万人の基礎的自治体など、ありえない。これは逆にいえば、都道府県が市町村の業務を行うようなものである。むしろ、基礎的自治体の役割を見直した時点で、市町村の分割や特別区の導入も必要ではないかとも思う。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)