地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

なぜ、日本経済は落ち込んだのか?


日本経済の衰退開始

 今さら言うことではないが、バブル経済崩壊後、日本経済は衰退してきている。特に、リーマンショックや東日本大震災後の日本経済の落ち込みは著しい。その結果、数年前には「失われた10年」といわれ、現在では「失われた20年」と呼ばれている。

 そこで問題となるのは、いつから日本経済の落ち込みが始まったかを、改めて検討することである。下の図を見ていただきたい。


名目GDPの推移

 日本のGDPは、名目では1997年度、実質では2007年度にピークを迎える。言い換えると、実質では2008年度、名目では1998年度から、日本経済は落ち込んだということになる。このようなとき、物価上昇が著しいときは実質で、デフレのときは名目でGDPを判断したほうがよい。デフレ経済が続いていることを考えると、日本経済の力は名目で判断すべきである。

 名目GDPで見ると、日本経済は、バブル崩壊後も成長を続け、1997年度で過去最大のGDPを計上し、2000年代中ごろにはやや持ち直し、2011年度は約470兆円まで落ち込んでいる。すなわち、日本経済の落ち込みが始まったのは、1998年度からと考えたほうがよい。


落ち込み幅

 次にその落ち込み幅を考えたい。
 名目GDPについて、ピークだった1997年度は約521兆円、直近の2011年度は約473兆円である。つまり、1997年度と比べると、約48兆円ものGDPが減少してしまったことが分かる。言い換えると、14年の間に、10%近くのGDP減少を日本は味わったわけである。これでは景気が良いはずがない。

 このとき、減少内訳を見たのが、右の表である。

 これを見ると、最も大きいのが民間投資の減少額23兆円、次に純輸出の13兆円となっている。

 このことから、日本経済の落ち込みの大きな要因が、民間投資にあることが分かる。


投資の減少額


 また、純輸出の落ち込みも大きいが、合わせて掲載した2000年代で最もGDPが高かった2007年度についても見ると、純輸出はむしろプラスである。実際、2011年度は東日本大震災による輸出の落ち込みやエネルギーコストの増加で大きくなったためである。そして、2007年度でもやはり民間投資は、1997年度に比べ約8兆円減少している。


投資が重要

 実際、2000年代中ごろに盛り返すものの、1990年代から現在まで民間投資は減少傾向にある。


投資額の推移

 以上のことから、民間投資が過去の水準に復活すれば、日本経済も過去の水準に戻るだろう。そして、いかに民間投資を呼び戻すのか、それが大きな課題である。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)