地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!

穀物の収穫量ランキング(平成23年)


 平成23年の穀物の収穫量に関し、それぞれの穀物について上位5位とその他をグラフ化している。

参考最新のデータについては「穀物の収穫量ランキング(平成24年)


ランキング

水陸稲

 水陸稲(米)の平成23年の全国収穫量は、8,402.0千トン。
 都道府県別の割合では、1位が北海道の7.6%、2位が新潟県の7.5%、3位が秋田県の6.1%となっている。ただ全国的に栽培されているため、その他の割合が高くなっている。

水陸稲の収穫量の都道府県割合

水陸稲の収穫量の都道府県割合


小麦

 小麦の平成23年の全国収穫量は、746.3千トン。
 都道府県別の割合では、北海道の割合が高く、7割弱となっている。
小麦の収穫量の都道府県割合

小麦の収穫量の都道府県割合


二条大麦

 二条大麦の平成23年の全国収穫量は、119.1千トン。
 都道府県別の割合では、1位が栃木県の28.4%、2位が佐賀県の28.0%、3位が福岡県の12.8%となっている。
二条大麦の収穫量の都道府県割合

二条大麦の収穫量の都道府県割合


六条大麦

 六条大麦の平成23年の全国収穫量は、38.7千トン。
 都道府県別の割合では、1位が福井県の23.9%、2位が富山県の18.2%、3位が栃木県の14.3%となっている。石川県も5位に入るなど、北陸地方で収穫が多い。
六条大麦の収穫量の都道府県割合

六条大麦の収穫量の都道府県割合


はだか麦

 はだか麦の平成23年の全国収穫量は、13.7千トン。
 都道府県別の割合では、1位が愛媛県の38.3%、2位が香川県の20.7%、3位が大分県の17.2%となっている。
はだか麦の収穫量の都道府県割合

はだか麦の収穫量の都道府県割合


大豆

 大豆の平成23年の全国収穫量は、218.8千トン。
 都道府県別の割合では、1位が北海道の27.4%で、佐賀県福岡県宮城県が7・8%と続いている。
大豆の収穫量の都道府県割合

大豆の収穫量の都道府県割合


小豆

 小豆の平成23年の全国収穫量は、60.0千トン。
 都道府県別の割合では、9割以上が北海道となっている。
小豆の収穫量の都道府県割合

小豆の収穫量の都道府県割合


いんげん

 いんげんの平成23年の全国収穫量は、9.9千トン。
 都道府県別の割合では、9割以上が北海道となっている。
いんげんの収穫量の都道府県割合

いんげんの収穫量の都道府県割合


らっかせい

 らっかせい(落花生)の平成23年の全国収穫量は、20.3千トン。
 都道府県別の割合では、8割弱が千葉県となっている。2位が茨城県の13.0%と、この2県で、全国の9割以上を占めている。
らっかせいの収穫量の都道府県割合

らっかせいの収穫量の都道府県割合


そば

 そばの平成23年の全国収穫量は、32.0千トン。
 都道府県別の割合では、1位が北海道の36.6%で、次に6・7%で福島県山形県が続いている。
そばの収穫量の都道府県割合

そばの収穫量の都道府県割合


かんしょ

 かんしょ(さつまいも)の平成23年の全国収穫量は、885.9千トン。
 都道府県別の割合では、1位が鹿児島県の39.5%、2位が茨城県の18.6%、3位が千葉県の13.1%となっている。
 「さつまいも」の名の通り、鹿児島県は産地であるが、料理などではなく、でんぷん原料として使われるものも多い。
かんしょの収穫量の都道府県割合

かんしょの収穫量の都道府県割合


出典

favicon-graph農林水産省「作物統計」より作成 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)